ニキビは体の多種多様な場所に出きるが、あごに出きたニキビで苦しめられる人も少なくないだろう。
あごには毛穴がたくさんある為、他の場所よりニキビが出きやすいと云われている。
ニキビが出きる他の場所とおなじ様にニキビケアもやれば良いのである。
しかしながら、あごに出きたニキビは治りにくいものである。

あごに出きたニキビが治りにくい原因はホルモンの釣り合いが影響していると云われている。
その為1度治っても再びニキビが同じ場所に出きる等、くりかえし出きやすいと云う特徴点が有る。
女性のケースの場合はホルモンの釣り合いの崩壊しやすい生理前に出きる事が少なくないようである。
男性のケースの場合はヒゲを剃った後にキッチリとスキンケアをしていないと、肌を痛めてしまい細菌やカビが侵入し、ニキビの炎症を悪化させてしまう。

生理前のニキビに特別に出きるケアはないのだ。
あるレベルのニキビが出きるのは正常だとも云われている。
つまり、どんなにニキビケアをしても生理前のニキビは敬遠して通過出きないと云う事に成る。
しかし出きたニキビを悪化させない事は出きる。
悪化させてしまうとニキビ跡の原因にもなる。

夏の暑い日等は、汗で前髪がおでこにくっつくとうい事も有る。
汗と云った雑菌もニキビの大敵である。
汗と髪の二つの刺激を敬遠するようにしよう。



スポンサーサイト



カテゴリ
タグ